現状から脱するために

 看護師の離職理由はさまざまあり、例を挙げれば人間関係や待遇の条件や出産などが挙げられます。離職することで現状を良くできるかもしれないと思うことは当然であり、人生を変える大きな決断です。退職するに当たって離職理由を考えている看護師は、その理由が正当なものならば気持ち良くその旨を上長に伝えることができます。
 労働条件が厳しいという理由で退職を考えている看護師がおられるでしょう。過酷な労働条件で心身共に蝕まれないうちに、早めに手を打つことで自分を救おうと考えていることが伺えます。長時間残業は看護師にとって大きな負担であり、残業が少なくなれば随分負担が軽くなるはずです。連日長時間残業を強いられるという離職理由で退職をする看護師は後を絶ちません。少しの勇気を振り絞って長時間残業から抜け出すことで、理想的な看護師ライフをつかみ取るきっかけになります。
 勉強会や委員会の参加が多いことを離職理由に挙げる看護師もいるようです。自分の時間を大切にしたい看護師にとって、それらの参加が精神的負担になることは当然のことです。結果、派遣看護師になるなどして自分に合った看護師人生を歩もうとするのです。派遣看護師として働くことで、自分にとって快適なライフスタイルになっていきます。毎日を必死に乗り切ることがつらくなってきた看護師たちが退職に踏み出し、最終的に自分にピッタリな病院に入職できることを心から切望しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です